金融・投資~金融商品に詳しくなろう~情報-株式投資

金融商品に詳しくなろう



株式投資

株式投資は有名な経済学者であるケインズが「美人投票のようなもの」と言っています。つまり、より多くの投資家が賞賛する企業や商品が人気となり、株価も値上がりするからです。いくら自分が素晴らしいと思っていても、他の人々が注目しなければあまり意味がありません。もっとも、他人より先に将来性を見出すこともあります。その企業の将来性に自信があれば値上がりするまで待てばいいのです。株式市場ではそれを「化ける」と表現しています。

どういう企業が有望なのか、先ず会社四季報などで企業業績を調べてみましょう。四季報には会社の売上や利益、配当など投資データが記載されています。売上が伸びていて、利益も伸びている、しかも無借金企業なら非常に安定した企業と言えるでしょう。更に、経済専門紙なども見てみましょう。新商品などが売れているか、ブームになっているか、とか現在の会社経営が分かると思います。

投資は女性の恋愛・結婚観と似ています。どんな男性なのか、どういう資産を持っているか、将来性は、色々な角度から相手を見ると思います。良い人であっても借金が多いとか、遊び人であるとか、そういう男性と結婚(投資と置き換えてください)するのは二の足を踏むだろうと思います。やはり堅実で、ある程度の資産があり、将来に期待出来る、例え今は平社員であってもです。それが投資の原則だと私は思います。

トライク 中古ならここに豊富な情報があります。

Copyright © 金融商品に詳しくなろう All Rights Reserved.