金融・投資~金融商品に詳しくなろう~情報-投資信託

金融商品に詳しくなろう



投資信託

投資信託の歴史は古く、現在の米国個人投資家の間では株式の直接売買より投資信託購入が主となっています。最大のメリットは分散投資です。格言にもありますが「一つのカゴに全てのタマゴを乗せるな」。つまり一つのカゴを落としても全部が割れるリスクがないからです。例えば投資家が株式を1銘柄購入して値下がりした場合、価格が戻るまで待つか、諦めて損失覚悟で処分するかになります。投資信託は1銘柄値下がりしても他の銘柄が上がる可能性もあります。それによって運用銘柄全体のリスクが抑えられるのです。

ただし、市場全体が長期に渡って下落する場合などは非常に難しいと言えるでしょう。しかし、そういう局面でも有利な投資信託はあります。それがベアファンドとよばれるものです。ベアとは直訳すると弱気と言う意味です。市場が下げる局面を想定した投資信託ですから、それなりのリターンを期待出来ます。逆に強気と言う意味でブルファンドもあります。将来どんどん上がる場合を想定したものです。投資信託には色々な性格を有する商品があります。これからどういう投資信託を投資すべきかは、その時の状況にもよるでしょう。その中から選べばいいのです。

Copyright © 金融商品に詳しくなろう All Rights Reserved.